時代を担う会計事務所のネットワーク|SDG相続ドック・グループ

メールでのお問い合わせ
E-mail
PASS

メンバー限定48コンサルサービス

コインランドリー Biz 活用のメリット

コインランドリー Biz(ビズ)の仕組み

コインランドリー Bizは、建物(マンションなど)をオーナーから借りて、コインランドリー用洗濯機・乾燥機などを購入して設置し、利用者から使用料を得る仕組みです。



中規模以上の節税向け
投資額は3,500万円程度(税込み)で、コインランドリー機器の設置台数や組み合わせにより変動します。
また、物件数を増やすことで節税規模も大きくなります。
初年度に大きな節税メリット
中小企業等経営強化税制の活用で、投資初年度にコインランドリー機器などの投資額(税抜き)のおおむね7割を損金計上でき、大きな節税効果が得られます。
法人では35%程度、個人なら最高55%もの節税効果となります。
事業の期待利回りは、比較的高利回り
期待年間純収入(注)は、投資額の10%程度を想定
(注)コインランドリーの使用料から管理コストや水道光熱費などのランニングコストを控除後の額で、3年目以降の平年ベースでの見込みです。 収入保証はないものの、コインランドリー事業の出店先は東京都区内の候補店から選択可能です。
長期的な、安定資金源を確保
固定客の増加と共に、毎月の使用料収入(純収入)も増えて安定的な資金原資となり、保険などの決算対策資金にも活用できます。
コインランドリー機器は15~20年程度の使用に耐えるとされ、長期的な収入源となる余地が。
なお年間の純収入は会社の営業利益の上乗せに直結し、財務状態の改善にもつながります。